0120-967-041平日9:00~18:00 水曜定休

  • TOP
  • 学ぶ
  • 家づくりは「コスパ」じゃないと気づいた話

家づくりは「コスパ」じゃないと気づいた話

 

こんにちは。小池ふみかです。
コスパっていう言葉、皆さん使いますよね?
私も使います。っていうか大好きです!
食料品を買うときも、わざわざ安くて量の多い業務スーパーに出かけたり、
日用品も重いのに、大容量の詰め替えをドラッグストアで買ったりします。
それもこれもコスパのため!
主婦にとってコスパ命!ってくらいに思ってました。
そう、家づくりも。。。

消費者コスト意識調査」の結果をご紹介します。
(マーケティングリサーチアイシェア調べ)

上の表は20~60代の男女のコスパに関する意識調査の結果です。
やっぱり、みんなコスパ意識高い!
特に車や家電などの高額商品にコスパ意識の高い方が多いそうです。
高額といえば住宅にも当てはまりますよね!

家づくりはコスパじゃない。
普段の買い物と一緒にするとコスパの沼にはまって、
その家が嫌いになるかも?

理由

理由は、家づくりは1邸1邸ちがうものであるということ。
当たり前なのですが、この当たり前に気が付くまで、私は家づくりもコスパだ!と思っていました。

きっかけは友人Aとの話です。
彼女は学生時代からの親友で、社会人になってからも、お互い結婚してからも仲良くしています。
私が家づくりで悩みの相談をしていた時に、一足早く結婚し、家を買った彼女自身の話を聞かせてもらいました。
※彼女は授かり婚だったため、家づくりに時間をかけたくないという理由で建売住宅を探していました。

Aちゃん:
私はリビングに畳スペースのある家に住みたいっていう希望が最優先だったの。
子どもも生まれるし、赤ちゃんのお世話や両親が泊まりに来た時に絶対便利だと思って!
反対に彼は特にこれと言って間取りや広さにこだわりはなかったのよね。
私たちの希望のエリアで、最終2軒、候補に挙がった家があったの。
1軒は私の希望通りリビングに畳スペースのあるお家、ただし予算が100万円くらいオーバー。
もう1軒は畳スペースはないけど、それ以外は希望を満たしていて、予算内。
しかも、もともとモデルハウスとして建築されたとかで、設備のグレードがいいものがついていたのね。
もちろん彼はコスパのいい元モデルハウスの家にしようって言ってきたんだけど。。。
家を検討し始めた最初の段階から「畳スペースが最優先だ」って言い続けてきた私の気持ちを踏みにじられた気がして、大ゲンカになったわ(笑)

結局Aちゃんは彼を説得し、希望通りの畳スペースのある家に住んでいて、今幸せそうに子育てしています。
この話を聞いて私は「家ってコスパじゃなくて住み心地なんだなぁ」と気づかされたのです。

だって、もしAちゃんが妥協してコスパ重視で選んだ家に住んだとしたら、きっと事あるごとに「リビングに畳スペースがあったらなぁ」って後悔しながら生活することになっていたかもしれません。
畳スペース以上に設備や性能が優れていて満足する可能性もありますが、やっぱり最優先で希望していたことが通らなかったという後悔はその家に住み続ける限り残るわけで…

ポイント

新居でどんな暮らしがしたいのかを家づくりを始める前に考えることが大切。
具体的に私がAちゃんの話を聞いて家づくりの参考にした4つのことをお伝えします。

①自分たち家族の暮らしに合わせた家づくりとはどんなものかを考えた
②デザイン・性能・設備について考えた
③地域とどんなふうに関りを持ちたいか考えて土地探しの参考にした
④アフターサービスがきちんとしている住宅会社を選んだ

この4つです。

①は、もちろん、住み心地を一番に考えて、間取りや部屋の広さを検討しました。
②は、家は車や家電のように全く同じものにならないので「他と比べない」ことを意識しました
③は、住んでから後悔したくなかったので、できる限り地域の情報収集をしました
④は、「家」という高額の買い物をするのだから、建てて終わりの住宅会社ではなく、困ったことやトラブル、修繕対応がきちんとしている会社の方が安心だし、ずっと心地よく暮らせそうだと思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
既に家づくりを始めている方も、これから家づくりを検討される方も、「家はコスパだけじゃない」と心に刻んでいただけると、住んでから後悔しない家づくりができるのではないかと思います。
と言いつつやっぱり「予算」があるのですべて希望通りにはならないのが現実ですけどね(汗)

もしかしたらあなたも「住み心地」と「予算」を天秤にかけないといけない時がくるかもしれません。
その時になるべく後悔しない簡単な方法があります。

それは、【ポイント】で挙げた内容に、「優先順位」をつけておくことです。
「妥協ポイントを設けておく」でも構いません。
Aちゃんも一番最初から「畳スペース」が最優先だったという優先順位が明確だったことで、今の家を勝ち取りました(笑)

そしてもう一つ大切なこと。
住み心地って、その家に住む家族によって変わりますよね。
Aちゃんは畳スペースが最優先ですが、私は畳スペースあってもなくてもいいかなくらいです。
だから、できれば家族で話し合ってください。家族みんなが同じ優先順位であるとは限りません。
家族みんなが納得して暮らしやすい家をつくること。それが、後悔しないポイントだと思います。

私は出来上がったリストは家づくりの打合せにも持参し、できれば何回も見返して初心に戻っていました。

私の経験がこれからの家づくりのお役に立てれば幸いです★



見学会や資料請求、
ご相談はコチラへ

参加する

資料請求

相談する

0120-967-041

平日9:00~18:00 水曜定休

家づくりに役立つ情報
を日々更新中!!