0120-967-041平日9:00~18:00 水曜定休

  • TOP
  • 学ぶ
  • 賃貸暮らし?それとも持ち家?

賃貸暮らし?それとも持ち家?

こんにちは!小池ふみかです。
今回から私の家づくり体験談をこっそり書かせていただくことになりました。
家づくりついて勉強したことや失敗談、これは良かった!ということなど、わかりやすくお伝えできればと思います。

今回は、このまま賃貸暮らし?それとも持ち家?たくさん悩んだ私が
家づくりを始める前にやってみて、今のところ後悔していないことをお伝えします。

あくまで一つのアドバイスとしてお話します!
あなたの家づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか?

重視するのは、他人のアドバイスではなく家族の意見!
どんな暮らしがしたいのか、どこにお金をかけるのか、
ちゃんと家族と共有しておくと後悔しない!

ポイント

ポイントは3つあります

その1:どんな暮らしがしたいか書き出してみること

例えば私の場合だと…
・ご近所と「音」について気を使わない暮らしがしたい
・空気の綺麗な環境で過ごしたい
・子育てしやすい間取りや広さの家がいい
・小学校が近いと登下校が安心
・広いお風呂でリラックスしたい
・光熱費の安い家がいい
・お庭が欲しい
・部屋にコウモリが入ってこない家がいい

コウモリはちょっと特殊ですが。。。
独身時代に住んでいた名古屋の端の方のアパートの話です。意外に住宅地でもコウモリって住んでるんですよね。
日が暮れると空を飛び回っているのですが、どこから入ってくるのやら。
夜寝ようと電気を消した瞬間部屋中を飛び回るっていう…恐怖。本当に嫌でした。


その2:ランニングコストを考えること

賃貸の家賃、もったいないなぁ…。って誰でも思うと思います。

ずっと賃貸に住み続けた場合の家賃の総額と、一戸建てを新築した場合の費用。。。どっちが得なんだろう?
というのは私もやっぱり気になって調べました。
でも、住宅関連のサイトや、書籍でシミュレーションされているものはあまり参考になりませんでした。

なぜなら、何回引っ越すか?家族構成はどうか?
そもそも家賃相場が違うのでは?など、気になる点がてんこ盛り。
そもそも自分たち家族の未来の予測は、自分にだってわかりません。
(子どもの人数も確定ではないし、親の介護や自分の健康面、仕事内容や生活スタイルも、もしかしたら変わってくるかも。)

ただ、唯一確実なのは新築一戸建ては初期費用が高額であるということ。
いわゆる頭金というやつが必要になるということはこの時学びました。
これは賃貸の引っ越し費用とは比べ物にならない額です。
すべての費用を住宅ローンで賄うやり方もあるけど、私はリスクだと考えて頭金を用意できるかどうかで新築を考えました。
※住宅ローンやお金の話は、「お金のこと」カテゴリを見てね。

一方、初期費用は高額だけど、
新築一戸建ての場合ランニングコスト的にはメリットと感じることもたくさんありました。

・自宅の庭に駐車スペースがあれば、駐車場代はタダ。
・駐車場から玄関までの距離が短い
・宅配ポストの設置が可能(再配達の連絡や不在を気にしなくていい)
・都市ガスエリアなら光熱費が安くなるし、太陽光発電やオール電化の選択肢もありになる
・そしてやっぱり一戸建ては資産として残せるという点

我が家の場合は、住んでいる地域柄が「車必須」なので、
ランニングコストのメリットが主に車関係でしたが、地域やご家族によってメリットになる点は違いますよね。
だから他人のアドバイスを重視しすぎないというのも重要です。
考え方や、好む暮らし方によって、どんな住まいが向いているのかは異なります。
アドバイスをする人が、たとえ親しい友人や親であっても、暮らし方や考え方が全く同じわけではありません。

そこで3つ目のポイントです!


その3:【重要】家族と意見共有すること

1.どんな暮らしがしたいか書き出してみること
2.ランニングコストを考えてみること
私の場合この2つのポイントを、まずは自分でやってみて、それを夫と共有し、彼の意見も聞きました。

すると、夫からは次の意見が出てきました
・【暮らし】豪雨や地震など災害時に安全な家に住みたい
・【コスト】職場近くなら通勤に使うガソリン代が抑えられる

確かに~!豪雨や地震で被災した場合のことなど、自分では気が付かなかった意見が聞けました。
案外慎重派?家族思いなんだなぁ、と相手の価値観を再認識することにもつながりましたよ。

ほかにも、キッチンは好きなようにしたらいいと思う、
でもリビングとガレージはこうしたいとか、お互いのこだわりたいポイントが明確に。
そしてまだ見ぬわが家への期待が高まりました(笑)

同じ場所で生活するのは自分だけではありません。
ぜひ家族とこの機にどんな暮らしがしたいがを共有しておくといいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
①どんな暮らしがしたいか考える
②ランニングコストを考える
③それを家族と共有する
この3つがポイントです。

さらに「どんな暮らしがしたいか」を考えるときに、超簡単にできることはこちらです!
↓↓↓まず、今のくらしの不満を書き出してみる

↑↑↑例えば上記の私の「どんな暮らしがしたいか」の内容は「今の不満」から生まれました。

こんな風に「今の不満」と、「どんな暮らしがしたいか」は表裏一体です!
なので、ポイント③の家族と共有するときにもまず、
「今の家で嫌なトコロってどこ?」から始めてみてください。
現在の暮らしの不満は実体験として今感じていることなので、案外言葉にしやすいですよ。

何度も言いますが、重視したいのは、他人のアドバイスではなく家族の意見です。
今後、どんなふうに暮らしたいのかについて、その答えを導き出すチャンスがここにあります!
話が盛り上がって、新しい暮らしについて想像が広がっていくと、
「家に駐車場(ガレージ)ができたらジープに乗り換えてアウトドアしたいんだよね~!」といったびっくり妄想が飛び出したり!
一戸建てに引っ越して、いきなりテントとかハンモックとか買って帰ってきても
「あの時アウトドアしたい」って言ってたわ。とけんかの原因が1つなくなるかもしれませんし、(いや、言ってから買ってよ!というケンカはしました、実際・笑)
もし、ジープに乗る夢を叶えるなら、家を建てたあとの節約に力を入れる必要がありそうですよね。

私の経験がこれからの家づくりのお役に立てれば幸いです★

 



見学会や資料請求、
ご相談はコチラへ

参加する

資料請求

相談する

0120-967-041

平日9:00~18:00 水曜定休

家づくりに役立つ情報
を日々更新中!!