052-684-4716平日9:00~18:00 水曜定休

標準仕様

ナチュラルハウスは
見えない部分にもこだわります

ナチュラルハウスでは、見えない部分にもこだわります。基礎から始まるこだわりで、お客様に心からご満足いただける安心・安全な家づくりを目指しています。

自然を取り入れた住宅

健康志向H.E.P.

ナチュラルハウスの理想の住まい「健康でエコな自然調和住宅」です。ナチュラルハウスでは、自然と調和する健康でエコな暮らしを推奨しております。健康にこだわった素材、エコを実現した設計、自然の風や光を取り込むパッシブデザインを取り入れています。
注文住宅を建てるにあたって、デザインや間取りも大切ですが、家の基本性能となる構造や断熱について、建築会社がどのような考えをもっているかを知ることもとても重要です。 ナチュラルハウスでは「健康(Health)」「省エネ(Ecology)」「自然との調和(Passive design)」を3本柱にした家づくりを行っています。
hepimage

Health 健康

家族が長く一緒にいる家だからこそ、健やかな暮らしを提供したい。ナチュラルハウスでは、「塗り壁」「無垢床材」といった自然素材を家づくりに採用しています。素材本来の「味わい」を楽しんでいただきたいことももちろんですが、そのポイントは「健康」にあります。人間が一生涯で一番多く摂取するものは何でしょう?飲み物?それとも、食べ物…? 実はほとんどが「吸い込む物」なんです!さらにその「吸い込む物」の内、「自宅の空気」が57%も占めているのです。現在の家づくりの定番となっている材料、そしてその施工方法の多くには、「シックハウス症候群」の原因となる有害物質が含まれている。ナチュラルハウスでは、家族で日々の暮らしを送る空間だからこそ、健康に配慮した、材料・工法での家づくりを大事にしております。
hyoujyunshiyou

Ecology 省エネ

日本は一年を通じて「春・夏・秋・冬」の四季を楽しむことが出来る国です。しかし、日々の暮らしの中で快適な生活を送るには冷暖房設備に頼らざるを得ません。冬の寒気・夏の暖気の影響を受けにくい建物にすることによって冷暖房効率を上げ、CO2の排出を抑えると同時に光熱費などのランニングコストを削減。お財布にも環境にも優しいを目指します。
ecology

Passive design 自然との調和

昨今注目を浴びてきた「パッシブデザイン」という家づくりの考え方。ナチュラルハウスでは、昔から一早くその特性に注目し、取り入れておりました。日本は四季の関係で一年を通じて外気温が大きく変化します。日の光を効率よく室内に取り入れるなど、家本来の性能をあげ、エアコン等に頼ることなく快適に過ごせる空間への工夫のことをパッシブデザインと呼びます。冬の西日を取り込み、夏の直射日光を防ぐための長いひさしや、夏は葉を茂らせ、冬には葉を落とす広葉樹の利用など、建物自体を自然と上手に付き合える形状にすることで、快適に過ごせる環境をつくり出すパッシブデザイン。ナチュラルハウスではパッシブデザインの考え方を、すべての設計に取り入れています。

例)パッシブデザインの例 ・夏と冬の太陽の位置の違いを考慮した開口部(窓や庇)のデザイン ・土地の形状だけに建物を合わせるのではなく、方角に合わせた建物設計 ・近隣の建物を考慮した日当たりシミュレーションによるリビングや居室間取りの計画

 

構造

構造

ナチュラルハウスでは、建物の強度を高めるために木造軸組パネル工法を採用しています。 従来の木造軸組工法が筋交いで補強する部分を壁パネルとし、台風や地震などによる自然の力を効率よく面で分散させることによって、頑丈で安全な住まいを実現します。ナチュラルハウスでは、自然と調和する健康でエコな暮らしを推奨しております。健康にこだわった素材、エコを実現した設計、自然の風や光を取り込むパッシブデザインを基調としております。

工法

 

素材

無垢材

ただひとつ、という贅沢。ひとつとして同じ色・柄を持たない、すべてが思い思いの表情をを浮かべる、それが無垢材の魅力です。使い込み磨き込むことで質感や色合いを変えてゆく、それはまるで、暮らす方の思いにこたえるように、暮らしの歴史を刻み込むように、それが無垢材の贅沢な楽しみです。 メープルに代表される木肌の独特な光沢は、細胞内部の光の乱反射から起こる現象。見る角度によって木目が優しくゆらぐ、無垢材ならではの特徴のひとつです。

無垢材

 

工法

ハイブリッド耐震工

ナチュラルハウスでは、設計自由度の高い耐久性に優れた柱・梁・土台・筋かいなどの在来工法と、耐震性・耐風性に優れた合板を用いた壁式工法のいいとこどりをしたハイブリッド耐震工法を採用しています。また、剛床構造により、ねじれを防ぎます。

 

樹脂窓

夏には日射熱の侵入を防ぎ、冬には冷たい外気から住まいを守る役割をしている窓。近年窓の性能がUPし、高断熱な窓が開発されています。2枚のガラスの間の空気層で断熱する複層ガラスや金属膜のコーティングでさらに熱を伝わりにくくしたLow-E複層ガラスが主流になっています。これにより、冬の結露も起こりにくくなります。

樹脂窓

より高い断熱性を実現するために、アルミよりも熱を伝えにくい「樹脂」を使用した窓も開発されています。アルミ窓では52%の熱の流出量が、樹脂窓ではわずか20%になるため、外部からの暑さを入れず、室内の熱を逃がさず、さらなる省エネ効果につながります。

樹脂窓

Low-E複層ガラスの熱の逃げにくさは単板ガラスの約4倍です。赤い部分が多いほど室内の窓の表面温度が高いことが分かります。断熱・日射遮蔽のみだった省エネ基準が、2020年より「一次エネルギー消費量」を指標とする新省エネ基準として義務化されます。ナチュラルハウスでは、現段階で既にこの新基準にクリアした家づくりを実施しています。

2020断熱

 

換気

住まいの空気を24時間クリーンに。気密性の高い住宅では、住まいのすき間が少ないため換気不足による室内汚染が深刻です。24時間換気システムなら、住まいに必要な換気量を確保、新鮮で清潔な空気だけを取り入れて、汚れた空気は屋外へ排出します。

換気

 

調湿

塗り壁

DESIGN・QUALITY・ECOLOGYへの追及
①豊富なデザイン・カラーバリエーション

設計士やデザイナーの想像力を刺激する自由度の高い意匠性塗材。180 以上のカラーと100 以上のデザインからお選びいただけます。コテ 、吹付け 、ローラーなどによる多彩な表現が可能です。

②支える優れた機能確かな品質を

色あせがしにくい「耐候性」、下地のひび割れに追従する「可とう性」、汚れが付きにくい「低汚染性」、不燃材料認定を取得している「不燃性」など多彩な機能とバリエーションを展開。壁面の長期の耐久性と美観維持を実現し、建物の資産価値を保ちます。

③健康に配慮した環境対応型塗材

ジョリパットは、ホルムアルデヒドの放散量がもっとも少ない等級F☆☆☆☆を取得しています。さらにホルムアルデヒドの吸着・分解や、調湿性能を有するジョリパットシルキーパレット、消臭・抗菌効果を付与したジョリパット消臭・抗菌など健康に配慮した商品も充実しています。

 

デザイン

性能だけではない、設計士とつくる「デザイナーズ住宅」です。ナチュラルハウスでは、社内の設計士が1軒1軒丁寧にデザインを手掛けることで、お客様一人ひとりの想いを形にしていきます。性能だけではない、世界で一つのデザイナーズ住宅を建築しております。

名越吉彦

NAGOSHI YOSHIHIKO
2級建築士

建築士である母親の影響を受け、福山大学にて建築を学ぶ。 建築の見識を深めるため、同大学大学院へと進学。 卒業後、建築設計デザイン事務所に所属。 ローコスト住宅から1億円を超える住宅、店舗、医療建築などを担当。 2010年より福岡オフィスの責任者を拝命。 九州エリアのプロジェクトを進展させる。 2014年より、ナチュラルハウスに入社。 現在、設計責任者として従事。

 

一級建築士事務所の家づくり

デザイン性と暮らしやすさの両立、理想の住まいづくりに苦労は絶えないものです。
ナチュラルハウスでは、子育て世代が暮らしやすい間取りや、デザイン性にもこだわった家づくりをしています。デザインだけにこだわった「作品づくり」になってしまわないように、日々のお客様と直接話をすることにより、暮らしやすさとの両立を目指します。



見学会や資料請求、
ご相談はコチラへ

参加する

資料請求

相談する

052-684-4716

平日9:00~18:00 水曜定休

家づくりに役立つ情報
を日々更新中!!